重陽の節句って何?読み方は?【9月9日】

9月9日は重陽の節句

9月9日は五節句のひとつ「重陽の節句」です。古来から中国では奇数は縁起の良い【陽】の数、偶数は縁起の悪い【陰】の数と考えられてきました。

この奇数が重なる日を特に縁起の良い日としてお祝いしたのが「五節句」の始まりと言われています。9月は9日は、陽数のなかで最も大きな数字の【9】がふたつ重なるため、「重陽の節句」と呼ばれています。

また、旧暦の9月9日は菊の美しい季節であったため、「菊の節句」とも呼ばれています。(旧暦9月9日は新暦の10月中旬頃にあたります)

スポンサーリンク

重陽の節句って何て読むの?

「重陽の節句」はそのまま「ちょうようのせっく」と読みます。陽数が重複しているから「重陽の節句」意味を知っているとすんなりと頭に入ってきますね!

さて、この重陽の節句ですが、日本ではいつ頃からお祝いするようになったのでしょうか?

日本では平安時代の頃に貴族の間で広まり、菊を眺めながらの酒宴を開いたり、菊花酒と呼ばれる菊のお酒を呑んで邪気を払い長寿を祈願をしていました。

これが徐々に庶民にも広まっていき、五節句の一つとして広く親しまれるようになったんですね。

重陽の節句に合わせて和菓子屋さんなどでは菊をモチーフとしたお菓子が販売されるケースが多いので、和菓子を楽しむのも良い過ごし方ですね♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする